荏原町 鳥ふじ

www.prisco-family.com 南イタリア プリスコでアグリツーリズモ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鉄道記念日列車旅行~村上編~  

さて、酒田の短く濃い時間を思い出しながら村上へ向かいます。

なぜ、村上なのか。

鮭がウマいんだ!村上は! 
by M.G.D.(ムカつくグルマン旦那)

それで、行くことになりました。

村上では、捕れた鮭を塩漬けにするのではなく、塩引きにするらしい。
その違いは…
何度もM.G.D.に説明されましたが、いまいちソソルところがなく
飲み込めていませんが…

捕れた鮭に塩をして、寒風にさらす…という手法で加工(?)するらしい。
干すともちょっと違うらしい。
それをスライスしたものが鮭の酒びたしと呼ばれるもので
本には村上の生ハム的存在と書かれてありました。

スライスした乾いた鮭に日本酒を浸してたべる…
といった、この地方独特の食べ方らしく、
酒のつまみには絶品なものらしい。

生ハム的存在…?
それを酒に浸す…?

飲み込めない話です。


鮭が干されていました…いやいや、さらされていました。
niigata33.jpg
吉川(キッカワ)という鮭屋さんでの写真です。
これは去年の鮭。今年はもう少し先になるみたい。

村上の街の人に聞いたところ、この吉川が鮭料理の名店らしいです。

鮭ハムという商品があり、気になりましたが、要冷蔵のため購入を断念。

冷蔵不要の鮭珍味を購入しました。



村上の町は、城下町の残る素敵な町です。
私たちが訪れた日はちょうど
屛風祭り灯篭祭りが重なりまして。

屛風祭りとは?

この古き良き城下町には
国宝並の屛風が各家に保管されており、
それをお披露目するような祭りです。

町の方々は、屛風を家の中に飾ります。
観光客は、各家を訪問し見学します。

なかなか、趣があります。

ちょっと冷たい空気のせいか、凛とした気持ちにもなりました。



ちょっとビックリした建物。
niigata34.jpg

ここは、

niigata35.jpg

らしい。


おっ!

宵の竹灯篭祭りが始まります。

niigata36.jpg

決められたエリアに竹。
その中にろうそくが入ってます。
これが、竹の灯篭。

灯篭に町の人達が火を付けている姿は、
協力しあうことが当たり前の家族やご近所づきあいを感じました。

niigata37.jpg
とても素敵に飾られています。


日が暮れるまで、辺りを歩いていると
niigata38.jpg
明治?大正?昭和初期?を思わせるお家に遭遇。
この日は、奥の椅子で演奏会が行われるとのことでした。
何の演奏でしょうか。
三味線のような…バイオリンのような…練習する音が聞こえてました。



さてさて。
だいぶ暗くなりました。
niigata39.jpg

カメラが復活して、本当によかった♪

niigata40.jpg

しばし、幻想的な世界に浸っていました。
スポンサーサイト
[ 2008/10/23 23:16 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feliciiiiia.blog95.fc2.com/tb.php/86-a5022492









Feliciiiiiaのランキングは?

↓ブログ王
★ランキングはコチラから★

↓ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。