荏原町 鳥ふじ

www.prisco-family.com 南イタリア プリスコでアグリツーリズモ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

珍!大分!どんこ! 

本日4回目の更新。ちょっとmixiもチェックしなくちゃで
これが本日最後の更新になりそうです。


さてさて。


ゴルフの景品って、普通どんなものなんでしょうか?

ビール券とか?

旅行券とか?

ipodとか?


ゴルフをやらない私には、全くわかりませんが。


M.G.D.(ムカつくグルマン旦那)の貰って来た景品は


大分産 どんこ
(乾燥)


乾燥しいたけ。

大量。

それを丸1日かけて嬉しそうに水で戻しているM.G.D.の姿を見ると

なんだか…黙ってトイレに入ってしまいました。。。

もはや、声が掛けれないって感じでしょうか。


戻った乾燥どんこを使って楽しそうに料理する彼。



台所を占拠されている私は、幸せものでしょうか?



そんなことを考えてると

M.G.D.:「見て!見て!」

彼は声がデカイので、狭い部屋だとちょっと耳が痛い。


すると…



siitake.jpg
M.G.D.:「ハート型のどんこ!」






いいこと、ありそうだね。M.G.D.。









スポンサーサイト
[ 2008/10/27 23:10 ] グルメっ | TB(0) | CM(4)

楽しい人たちばかりで。 

いぇ~い。本日3回目更新!
スカ♪なんか聞きはじめちゃいました。

こりゃ、止まんないね~♪





飽きずにお読みいただけたら、幸いです。





え~。

旦那が出張で嬉しい♪

なぜ?

独身気分に浸れるから?

いやいや。

私の場合、なんてったって…

あのM.G.D.(ムカつくグルマン旦那)からの解放

自分の好きなものを、好きなだけ食べれる(飲める)!

土曜の遅めの朝食は、カップ焼きそばを食べましたよ♪

…体に悪いかな…


いつも会えない人と会えるのも、こんな休日です。
いつも話せない人と話せるのも、こんな休日。

そして、荏原町の名店、鳥ふじへ時間を気にせず足を運べるのも
こんな休日です。



鳥ふじでは焼酎を飲みます。

もちろん、芋。

ボトルで♪

いつから、「ボトルで」と注文するようになったんだろう。

でも、ボトルに落書きするのって楽しいですよね♪

ほら、ここにも!
dokusin01.jpg
B!イラストレーター(ボトル・イラストレーター)が!!!

dokusin02.jpg
本気です。

そして、
dokusin03.jpg
私の似顔絵を。
眉間のシワ、よく特徴を捕えてます(-c_,-` )y


鳥ふじには、楽しい人が集まりますね。


荏原町のコブクロから始まりました。
超、歌が上手な方々で。

そして、また出会ってしまいました。

荏原町のマジシャン!
dokusin06.jpg
キウイの中からトランプが出てきたときは鳥肌が立ちましたよ。
実際見ないと、凄さがわかりませんよね…
…詳しくは鳥ふじまで?

土曜は誕生日会が行われていました。
私は乱入しただけですが…。
dokusin04.jpg
おめでとうございます♪

そして
dokusin05.jpg
おめでとう♪

皆様、楽しい休日をありがとうございます♪

感謝!



※詫び※
ブログに載せると言わず、写真をガシガシ撮ってしまいまして…
なので、モザイク、ピンボケ写真を載せてます。
困る人がいたら、教えてください(T^T)














[ 2008/10/27 22:50 ] ただの日記 | TB(0) | CM(4)

イタリア話が最高のツマミ? 

さて、控え目な夕食を終え、本日2回目の更新。

最近、訳あって、ダイエット中です。

その理由は、後日。



さてさて。

日本には、何でもある。

デパ地下を探索するだけでも、世界中の食材が揃いそう。

そんな中、最近代官山に登場したのが

EATLY
http://www.eataly.co.jp/welcom.html

イタリア食材、日本最大級


らしい。


行くべってことで、仕事帰りに代官山まで行ってみました。

え?

もちろん。M.G.D.(ムカつくグルマン旦那)と。

M.G.D.:
「会社の子がたまたま行ったらしいんだけど、パスタとか凄いんだって♪試食もできるって♪」


一日働いて、忙しいのに、疲れてるのに、
この手(グルメ)の話題になると今から仕事!ってくらい元気なM.G.D.。

もう、こんな彼を誰も止められません。

さてさて。
代官山は、平日仕事終わりに来るもんですね。
人も少なく、けっこうヒッソリしてるもんです。

お店は、食べれるところ、買えるところが混在。
向って右手は、ケーキなどのドルチェ。
左手は食材。奥にはワイン。

夢の世界(´∀`)ノ・*:..。o○☆*゚

ワインセラー(?)では、ワインと軽食が
中央の食材売り場でもイートイン可能。
外でもオサレな方々がワイン飲みながら秋の夜長を過ごしていました。

私たち?

そりゃ、そんなオサレな方々とマッタリとした空気、共有したいですよ。

でも、時間とお金の節約。家飲みです(T^T)


…とりあえず、偵察完了。

買いたいものを買って、ソソクサと帰宅。

家飲みスタート!

eatly03.jpg
生ハムです。パルマね。
EATLYには、たくさんのハムやサルシッチャがあり、量り売りもOK。
お手頃価格で買えます。

eatly02.jpg
パルミジャーノ・レッジャーノ。36カ月熟成ね。
これも、量り売り。
カジリナガラワイン飲む。
これ、最高!

eatly01.jpg
パーネ(パン。名前、忘れた。。。)はシード入り。
シードは、ひまわりの種、ゴマなど。
モッチリ感、あり。

ワインが、頂き物のアルゼンチンワインだったことが残念。


しかしながら、予想以上にイタリア話に花が咲き。

これも、充分なツマミですね♪

忘れかけのイタリア語の単語がポロポロ。

イタリア、行きたいね~

う~ん、今度はやっぱり、南のかかと辺りに行きたいな。

と。そんな感じで夜が更けていったわけです。

EATLY、家飲み用に買っても、その場で飲んで食べてもいいみたい。

手土産、パーティ用食材探しにも、おススメかも♪







[ 2008/10/27 21:50 ] グルメっ | TB(0) | CM(2)

お好み万歳! 

列車の旅の更新に時間がかかり、タイムリーな話題が
なかなかアップできず。

本日は、張り切って更新します!


さてまずは…10.22の奥様会。


今宵はAco姉のお好み焼き会です。

関西出身のAco姉の作るお好み焼き。期待、大です。

久々に集まった奥様たち。
なかなか会話は絶えませんね~♪
なんだかんだ言いながら、結構長い付き合いになると
ナカナカ居心地の良い場所になってます。

聞いて欲しい話や、聞きたい話で盛り上がってる中、
手際よくお好みを焼き始めるAco姉。


大人数分の巨大お好み焼き!
acsan01.jpg

裏返すと
acsan02.jpg

ソースたちをのせて
acsan03.jpg

わーい♪いただきま~す★
acsan04.jpg
麵のカリカリ、中の具のふわふわ。

超ウマ━━━v(*^▽^*)v━━━い!!!!!

Aco姉、店、出してください。

関西出身というだけでは、片付けられない、旨さ。
さすが、グルメ!料理のセンス、最高!

…褒めすぎ?

いやいや、だって。
acsan05.jpg
二枚目、ホタテ丸ごと入ってるし~~~~~♪

もちろん、激ウマで。
幸せでした♪

たくさん飲んで、たくさん食べた食後は…
acsan06.jpg
この、見た目ウニのようなきれいな色。
これは、Aco姉特製カボチャとココナッツのデザート。
(名前は…何というのでしょうか。。。)

この、色。

素晴らしい!

口どけなめらか。
ココナッツとかぼちゃの甘さの相性がこんなに良いとは!
甘いものが苦手な私にはとても嬉しいデザートです。

至福の時間を堪能した私。

すっかり眠たくなりましてzzzzz(ρω*)ノzzzz

…ホント、幸せ者です。

Aco姉、ありがとうございました!
また、作ってくださいね♪
acsan07.jpg



[ 2008/10/27 20:03 ] 奥様会 | TB(0) | CM(2)

鉄道記念日列車旅行~村上~喜多方、そして、帰る編~  

昨夜は日本海を眺める桑川という駅前に宿泊。
夕日が美しい場所。
しかし、竹灯篭祭りのため、夕日は見れませんでした(T^T)

朝の海。
niigata41.jpg
ジェロの歌が頭からはなれません…。

さて、とりあえず新津まで。
niigata42.jpg

新津から磐越西線へ。
磐越西線は別名森と水とロマンの鉄道らしい。
niigata43.jpg
さて、喜多方までの2時間。ゆっくり各駅止まって行きましょう♪
森と水とロマン。楽しみです。


好きです。
niigata45.jpg
橋。

水面に映る緑。
niigata46.jpg
紅葉深まる時期はたまらないだろうなぁ…。

niigata44.jpg
M.G.D.(ムカつくグルマン旦那)は、飲んじゃいました。朝から。

おっ
niigata47.jpg
なんだか大きなハートのモニュメントが吊るされています。
なんだったんだろう。

また!
niigata48.jpg
橋。

とにかく、橋が多かった。橋好きにはおススメ?

さて、着きました。
niigata49.jpg
喜多方。

喜多方へキタのは2回目。
niigata52.jpg
ラーメンですよね。
喜多方は。


今回は源来軒という有名店へ行きました。


うまい。


…私、友達が減るほどのラーメン嫌いでして。
あまり食べたことがないんですね。
なので、コメントは控えさせていただきます。





喜多方から会津若松へ
niigata51.jpg
黄金。
結局新米は食べれず(TT)


niigata50.jpg
美しい鳥海山。赤く色づいていました。



会津若松~郡山~宇都宮~西大井


帰りは早いものです。


空席が多かった列車。
だんだん人が増えてくる。
都会へ帰って来たって感じです。


あ~楽しかった。各駅(快速もあったけど)停車の旅。
何駅通ったのかな?




今度は雪の降る時期に!
niigata53.jpg

[ 2008/10/25 16:56 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

鉄道記念日列車旅行~村上編~  

さて、酒田の短く濃い時間を思い出しながら村上へ向かいます。

なぜ、村上なのか。

鮭がウマいんだ!村上は! 
by M.G.D.(ムカつくグルマン旦那)

それで、行くことになりました。

村上では、捕れた鮭を塩漬けにするのではなく、塩引きにするらしい。
その違いは…
何度もM.G.D.に説明されましたが、いまいちソソルところがなく
飲み込めていませんが…

捕れた鮭に塩をして、寒風にさらす…という手法で加工(?)するらしい。
干すともちょっと違うらしい。
それをスライスしたものが鮭の酒びたしと呼ばれるもので
本には村上の生ハム的存在と書かれてありました。

スライスした乾いた鮭に日本酒を浸してたべる…
といった、この地方独特の食べ方らしく、
酒のつまみには絶品なものらしい。

生ハム的存在…?
それを酒に浸す…?

飲み込めない話です。


鮭が干されていました…いやいや、さらされていました。
niigata33.jpg
吉川(キッカワ)という鮭屋さんでの写真です。
これは去年の鮭。今年はもう少し先になるみたい。

村上の街の人に聞いたところ、この吉川が鮭料理の名店らしいです。

鮭ハムという商品があり、気になりましたが、要冷蔵のため購入を断念。

冷蔵不要の鮭珍味を購入しました。



村上の町は、城下町の残る素敵な町です。
私たちが訪れた日はちょうど
屛風祭り灯篭祭りが重なりまして。

屛風祭りとは?

この古き良き城下町には
国宝並の屛風が各家に保管されており、
それをお披露目するような祭りです。

町の方々は、屛風を家の中に飾ります。
観光客は、各家を訪問し見学します。

なかなか、趣があります。

ちょっと冷たい空気のせいか、凛とした気持ちにもなりました。



ちょっとビックリした建物。
niigata34.jpg

ここは、

niigata35.jpg

らしい。


おっ!

宵の竹灯篭祭りが始まります。

niigata36.jpg

決められたエリアに竹。
その中にろうそくが入ってます。
これが、竹の灯篭。

灯篭に町の人達が火を付けている姿は、
協力しあうことが当たり前の家族やご近所づきあいを感じました。

niigata37.jpg
とても素敵に飾られています。


日が暮れるまで、辺りを歩いていると
niigata38.jpg
明治?大正?昭和初期?を思わせるお家に遭遇。
この日は、奥の椅子で演奏会が行われるとのことでした。
何の演奏でしょうか。
三味線のような…バイオリンのような…練習する音が聞こえてました。



さてさて。
だいぶ暗くなりました。
niigata39.jpg

カメラが復活して、本当によかった♪

niigata40.jpg

しばし、幻想的な世界に浸っていました。
[ 2008/10/23 23:16 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

鉄道記念日列車旅行~酒田編~  

泥酔明け。完全に酒焼け。

ひどい頭痛に襲われ、日本酒の怖さを実感。

しかもカメラがない(T0T)

どうやら昨夜、酔っ払ってラーメン屋さんへ忘れてきたらしい。

最悪…。

ラーメン屋は夜から。

昼過ぎには酒田を出てしまうので、

どう考えても、東京へ着払いで送ってもらうしかない。


頭痛のせいもあって、すぐにあきらめ
朝食を食べることを考える。

写真は、携帯で撮ればいいし…(tωt。)





酒田といえば北前舟。
水運を利用し、米などを西へ運んでいたらしい。

西の堺、東の酒田。

きっと当時の酒田は、たくさんの商人たちで賑わう街だったんだろうなぁ~。

niigata22.jpg
川から見える山居倉庫。
現在でも一部使用されている米の倉庫らしい。

niigata23.jpg
イチョウがとてもキレイでした。


さて、朝ごはん。

酒田港にあるさかた海鮮市場へ~!

1Fに鮮魚が販売されており、2Fは食堂です。

朝ごはん定食と、はらこご飯定食がありました。
刺身定食は売り切れ。はらこで決まり。

niigata24.jpg
おおきなお椀に入って700円でした。
味噌汁、新香付き。
贅沢な朝ごはんです。


食べてばかり。頭痛も消えたし、モリモリ歩かなくては。



スーパーで見かけました。
niigata25.jpg
いい仲間、みんなでいも煮会。
良いですね。

商店街にてジェラート屋さん、発見。
niigata26.jpg
店名:ジェラート モアレ
ジェラートと、ソフトドリンクのみのお店。
地元産のラフランスを使用したジェラートとティラミス。
美味しかったです。

ところどころで見かけたのは
niigata27.jpg
ハーバーラジオのサテライトスタジオ。
この時間は地元の学生さんの番組でした。
これからも酒田を盛り上げていただきたいですね~♪

街には、かつての港町、商人の町酒田を感じられる建物や
資料館などがあり、丸一日過ごしても良いかもしれませんね♪

しかしながら、私たちは村上(新潟県)へ行かなくてはなりません。

小腹が空いた時用に
niigata28.jpg
超ちっちゃい焼きそばパンゲット。

村上行きの列車へ乗り込みます。

車窓からは
niigata29.jpg
黄金色の畑。収穫の時期。

あれ、まだ新米食べてないぞ?

まあ、いいか。

鶴岡駅、駅長さんおススメ
niigata30.jpg
だだっ子。

だだっ子?

イエス。だだっ子。



niigata31.jpg
だだ茶豆の和菓子です。

豆の餡というと、甘く煮た煮豆を潰しただけだと思いがちですが、
これは、ちょっと違います。
どちらかというと、だだ茶豆を蒸かして、豆の甘さを生かしてるって感じ。
だだ茶豆の原型も残っていて、豆の味がしっかりします。
甘ったるくなくサイズもちょうど良いお菓子。
駅長さんおススメも納得です。

…やっぱり、食べてばっかり。



昼間の日本海
niigata32.jpg

♪~あなた追って 出雲崎~
    
    悲しみの 日本海~ ♪  by ジェロ



…歌うしか、ないですよね。












[ 2008/10/22 14:14 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)

鉄道記念日列車旅行~東京から酒田編~ 

さてさて。各駅停車の旅、初日。

大井町~上野~高崎~水上~長岡~新津~酒田

と都内から酒田を目指します♪
…居酒屋の名店と言われる久村酒店を目指して



上野から高崎へ。

高崎の駅の立ち食いそばやさんでの朝食。

高崎は、学生時代の友人の故郷とあって、勝手に懐かしさに浸ってしまいます。
天神平でよくスノボをしてました★



高崎からがやっと列車の旅っぽくなってきます。

秋の3連休。やはり旅行客が多く、
山登りスタイルのグループや女の子のグループ(OLさんかな?)
学生さんのグループ(サークルかな?)などが目につきました。

列車の中では、そんな風に回りを観察したり、本を読んだり、音楽を聞いたり。

流れる景色をオカズに、思い思いの時間を過ごせるのも、列車の旅が好きなところです。




群馬県を抜け、新潟県の新津駅というところへ着きました。
niigata02.jpg
SLの町…というアピールがありましたが、SLらしいものもなく…
駅構内の電車到着アナウンスの際に汽笛のような音が流れていました。。。


静かな商店街で、SLまつりが開催されていた様子。
私たちが着いた時には、その後片付けで、どのようにSLだったのか不明ですが
出店では、売れ残り商品を安く売っていました。

商店街で、買い物を…と思っても、ほとんどシャッターが下りたお店ばかりで
何も買うことができず(T0T)

唯一、買い物ができる駅前のコンビニで
新津~酒田までの4時間の乗車時間をしのぐための食糧をゲット。

コンビニなんですけど、
niigata03.jpg
越乃寒梅、わさっ。
酒所へキタ=♪って感じ。

一升瓶は買えなかったけど、お菓子とカップ酒を買い込んで、列車に乗り込みました♪

いざ、酒田へ!
niigata04.jpg



さてさて。小腹がすきました。
先ほど降りた新津駅のお祭りで、
叩き売りされていたコロッケをゲット。
niigata05.jpg
プチヴェールコロッケ。
プチヴヴェールとは、新しい葉物のお野菜。
ブロッコリーの葉とか、ケールとか、芽キャベツの葉とかに近いみたい。

コロッケに入ってるだけなんで特に味は感じなかったけど…
 
叩き売りで50円。まぁ、満足です。

そして
niigata06.jpg
麒麟山酒造さんの麒麟山。
新潟県は阿賀町津川のお酒。
伝統辛口。さすがに辛いっすね~♪

そして
niigata07.jpg
菊水酒造さんの菊水の辛口。
新潟県新発田(シバタ)のお酒。
菊水という名は能楽に由来しているそうです。
辛口派の座右の酒。こちらも辛いっす♪


さて、列車は村上を過ぎ、日本海沿岸を走ります。
niigata08.jpg
車窓から眺める夕日は、いいものですね~♪

新潟から、山形県に入りました。
niigata10.jpg

酒田までは、あとちょっとです。

niigata09.jpg
加藤喜八郎酒造さんの大山。
山形県鶴岡市のお酒。
端正な辛口


日本酒は本来辛口なのか?
嫌いじゃないですよ♪キレキレな辛口♪



さて、都内から乗って来ました各駅停車。
やっと目的地の酒田へ到着!

ホテルへ行かず、そのまま久村酒店へ。
niigata11.jpg
となりは酒屋さん。そして、こちら↑が居酒屋。

酒場ってカッチョイイ♪

北酒場?



いやいや、早く中へ入りましよう~♪


太田和彦氏の「日本居酒屋紀行」っていう
スカパーの番組(DVD化されてます)で予習済みでございます。
ガラスケースのカウンター。
niigata12.jpg
大衆酒場らしいぃぃぃ~。


さて、何を食べましょうか?

お通しです。
niigata16.jpg
山うど(でしょうか?)と菊の花。


いも煮。
niigata13.jpg
こちらではいも煮会という
河原で皆でいも煮を食べるイベントがあるらしいです。

お酒は?
niigata14.jpg
初孫酒造さんの初孫。
豊かなコクとキレの良さ
辛口しか、ないですね。もはや。


これは、絶品です。
niigata15.jpg
お店特製のイカの塩辛。

母の味です。
niigata17.jpg
コロッケ。


写真以外にも、気になるメニューを見ながらチョコチョコと注文をしました。


何よりも、酒がうまい。人が良い。


ここで、とても優しい人たちに出会いました。

キッカケは、

dancyu

ええ。M.G.D.のバイブル、男の食雑誌です。


たまたま、前の席に座っていた男性がこのdancyuを持っていたのです。
そして、目ざとくそれを見つけたM.G.D.が声を掛けたところ…

東京・丸の内。新丸ビル内にある料理屋MUSMUS
食材を治めている酪農家の方とアドバイザー(?)の方でした。

dancyuには、そのMUS MUSが掲載されたらしく、その雑誌をたまたま持っていたそうです。


知らない土地で初めて出会ったというだけで、なんだか興奮してしまうのに、
その方々から聞く話はとても興味深いことばかりで。

勉強になりました。

酒田の良いところ、映画おくりびとのロケの話などをたくさん聞いて。

しかも、ラーメン屋まで連れて行っていただき、
さらに、ごちそうになりました。
さらに、私は悪酔いをしたらしく、とてもヒドイ状態だったそうです。

niigata18.jpg

niigata19.jpg
M.G.D.曰く、魚介ダシ効きまくりの美味しいラーメンだったらしいです。

…私は、もう記憶がない時間です。写真を撮ったことも覚えていませんでした…

niigata20.jpg
鶴岡屋にて。お世話になったお二人です。

niigata21.jpg
久村酒店にて。お母さん、ありがとう。


やっぱり、出会いがあるのも、旅の楽しさ♪ですね。












[ 2008/10/20 00:00 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

鉄道記念日列車旅行~旅のテーマ決定~ 

私、ちょっぴり、鉄子だと思っている今日この頃。

M.G.D.(ムカつくグルマン旦那)より
「鉄道記念日で、JR全線乗り放題切符、9180円(3日もしくは3人乗り放題)が売られてた」
という言葉に。。。。。。

各駅停車の旅、したい!

列車に乗りたーい!

抑えることのできない感情。これは、鉄子の血が騒いでる証拠?


どこへ行く?

温泉?

紅葉?



悩むだけ無駄です。だって、M.G.D.と一緒の旅行=グルメ旅ですもの。



さて、今回のテーマは。

1、太田和彦氏(居酒屋評論家のグラフィックデザイナー)推薦の

  酒田にある名居酒屋「久村酒店」を訪ねる。

2、鮭で有名な村上の地に足を踏み入れ、鮭の状況を見る。

3、帰りは喜多方へ寄って、ラーメンを食べる。

さらに、サブテーマとして

・日本酒を飲む
・新米に出会う

ということで、決定。


初日は…

大井町~上野~高崎~水上~長岡~新津~酒田

と各駅停車の旅。約12時間。

新幹線だと、東京~博多を往復できますね。


まぁ、そんなことより、どんなテーマより、

鉄道に乗れる喜び~v(*´▽`*)v

早寝早起きで、その日を迎えました。

niigata01.jpg

出発の日、たまたま出会ったSL!
こりゃ、幸先が良いっ♪
[ 2008/10/19 13:30 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

30歳の醍醐味~出会いと別れ~ 

出会いと別れの期間が短くなっているような気がする。

出会ったと思ったら、もう離れてしまう。

「はじめまして」と出会った人へ
1年も経たずに
「ありがとうございました。お世話になりました。またいつか…」
とあいさつをしてる。

冷静に考えると、とても寂しい。
せっかく出会ったのだから、長く付き合っていきたい。

でも、みんな全く同じ人生を歩んでいるわけではないわけで。

切ないが、一期一会という言葉を嚙みしめることしかできないわけで。

それを考えることができるのも、

たくさんの出会いと別れをそれなりに経験してきたからだと思う。

それって、30歳の醍醐味の一つでしょうか?

20081017tori.jpg



[ 2008/10/19 12:52 ] ただの日記 | TB(0) | CM(2)

正直、超うれしい 

結婚して3年が経とうとしています。

夫、M.G.D(ムカつくグルマン旦那)は、自分の好物しか買って来ません。


結婚してすぐ、北海道出張から帰って来た彼が

「ciiiiia(私)が喜ぶと思って!」

と目を輝かせて買ってきたものは、

鮭とば


… (ToT) …


知ってます?鮭とば。北海道や東北の珍味です。

ウィキペディアでは「差し歯の人は注意」って書いてあります。

白い恋人が好きなんですよ。私。

普通でしょ?当たり前でしょ?


なのに、なぜ、鮭とば?



あまりにも嬉しそうにそれを渡されたので、

強く反論できなかったことを覚えています。



それから今日まで、お土産、手土産…なんでも良いですが

彼が「買ってきたよ!」と言うものは

ことごとく彼の趣味のもの(珍味率高!なんです。




珍しく私が風邪を長引かせた9月のある日。

「はい!」

とM.G.D.はケーキの箱を持って帰りました。




これは、ケーキだよな。絶対ケーキだよな。



[私の嫌いな甘いものベスト3]

1. スポンジにクリームが挟まっているケーキほとんど
  ↑チョコレート、抹茶クリームもNG
  ↑ロールケーキは幅2.5センチを超える厚さだとキツイ


2. ミルフィーユなどパイ生地がたくさん使われたケーキ
  ↑アップルパイも、できれば避けたい

3. 厚切り羊羹
  ↑ういろうは好き


とにかく、ケーキは

・チーズケーキ(できればベイクドね)
・ほぼムースなケーキ、
・ほぼフルーツなタルト
・小ぶりなモンブラン

しか、体が受け付けません。



…彼が持ち帰ったこの箱の中身は一体…



M.G.D.は何度言っても私の好きなものを覚えてくれないことは心得てます。


彼の中で女=いちごのショートケーキ好き
という昭和のアイドルのプロフィールみたいな方程式が
今もなお確立されていることも、私は知っています。



恐る恐る箱を開けてみると。

cake01.jpg

大好物のモンブラン♪v(>ω<)v,。・:*:・゚'☆,。・:*:

しかも、小・ぶ・り♪

風邪をひいてた事もあってか、
ちょっとウルっとしてしまったり・゚・(ノ∀`;)・゚:*:・゚'☆,

お礼を言おうとすると…

M.G.D.が

「ここのパティシエ、パリで修業して、もともと横浜で有名なお店で…」

と、いつものうんちくがスタート…。

うんちくを聞きながら、そそくさと食べていると…

うまい!

確かにうまい。
甘さひかえめ。
甘いものが苦手な私にも、コーヒー無しで食べれる一品。
主張しすぎない栗が、上品で良いと思います。



近所にこんなお店があったなんて…

ありがとって感じ。

正直、超うれしかったです。


cake02.jpg

店名:パティスリー コルディアル
最寄駅:東急大井町線 荏原町駅
[ 2008/10/16 22:16 ] グルメっ | TB(0) | CM(4)

西安記~時空を超えた食紀行?~ 玖  

さて、とうとう最終日です。

14:00出発までの時間、何しましょう。

とりあえず、旅の疲れを感じ、ちょっとゆっくりした朝。

そんなとき、「そうだ、南門でも登ってみよう。」

のんびりとそんなことを思って向かいました。南門へ。

xian130.jpg
深緑な季節だったんでしょうか?緑がとてもきれいでした。

上るのに40元(640円くらい)必要です。

登ってみると
xian131.jpg
こんな感じ。

西安の街を見下ろすことができるし、城壁の外の高いビル群が眺めることができます。

xian132.jpg
メインストリート。



あれ?



xian133.jpg

チャリ、乗ってる…


どうやら、城壁を自転車で一周できるみたいです。
城壁レンタサイクルです。

所要時間は1時間~1時間半くらい。




乗りたい!

絶対乗りたい!

一周したい!!!!


しかしながら、そこまでの時間が無く(TmT)

悔しい!もっと早くココに来ていれば…

これは、兵馬俑の次に、西安ですべきことだと思います。


泣く泣く城壁を降りました。


ホテルへ戻ったら、空港へ行くだけ。

その前に食べ治めを。

できれば面を。

xian134.jpg
面の文字。

xian135.jpg
キッチンへ潜入。手作り面ですね。
優しい顔の彼女に、期待大です。

はい。食べましょう。

xian136.jpg
スパイシーうどん…って感じ。おいしかったです。


あ~あ、帰るのかぁ…と、ホテルへ向かう足取りも重たく。
妙にいろんなものが目に入ります。

xian137.jpg
ボーツァイビン。サクサクした生地にホウレンソウが雑に練りこまれてます。
うまい。

最終の最終になって美味しいものに出会ってしまうと、
もう1日、あと1日とここから離れたくなくなってしまいますね。

でも、帰らなきゃ。

これが、旅です。

一期一会です。


西安。また来たいです。でも、もう来ない気もします。

日本よりも長い長い歴史を持つ中国。
どんなドラマが、この地で起こったのか。
その時、どんなものが食べられたのか。

有名な将軍や王、僧、詩人…たち。
でも絶対に民衆の文化はあったわけで。
それは、きっと食に表れている…と思うわけで。

今、日本で中国の食偽装問題が取りざたされてます。
「中国のものは食べない、食べさせない」
そんな言葉を良く耳にします。

確かに、そんなニュースを耳にすると同じような感情になります。

日本の何倍も大きな中国。
日本人の何倍も多い中国人。

すべてのところで、すべてのひとが
同じことをしているわけではないと信じていますが。


大昔、日本は中国からたくさんの影響を受けた。
…稲作はどこから来たんだっけ?

償えない悲しい侵攻の歴史もある。
…反日感情は、「昔の人のせい」で済まされるの?


どうしたらいいのかな。


西安でも、たくさんの優しい笑顔に出会いました。


日本人と知りながら

言葉も通じないと知っていながらも

一生懸命、目を見て、一生懸命、何を伝えたいのかを聞いてくれた

西安の人たち。


今日本で、このことを伝えられないことが、とても寂しいです。


xianlast.jpg








[ 2008/10/09 21:07 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

西安記~時空を超えた食紀行?~ 捌  

さて、西安にはいわゆる大型スーパーというものはないのだろうか…

と思っていると。

xian109.jpg
WAL★MART、発見。

エスカレーターを降りると
xian110.jpg
…座ってる(^ ^;)

中は、ウォルマートなので、カルフールや…コストコみたいな勢い。
たくさんの商品がドサッと陳列されています。
なんでも揃いそうです。
お土産なんかは、ここで買えば良いかもしれませんね。
…買う物があれば。

驚いたことと言えば…
日本のスーパーでもよく見かける
「ただいま精肉コーナーでは○○がお買い得となっております…」と
店員のマイク放送。
ここ、西安ウォルマートでも行われてましたが…
この機械。
xian111.jpg
丸出し。
デカイ。
ライブでも始まりそうです。


xian112.jpg
のり巻きもあります。

xian113.jpg
買い物袋は持参で。
無い場合は購入で。


さてさて。
xian114.jpg
西安の夕暮れ。
何度見ても心が安らぐというか、時空を勝手に超えてしまうというか。


xian115.jpg
住宅街の片隅には椅子がチラホラ。
外でお話するのが好きですもんね。みなさん。

さて、西安ではザクロが売られています。たくさん。
路上でも、お店でも。
xian116.jpg
季節によるのかもしれませんが、赤みがなく、少し酸っぱいです。


さて。ビールの時間。
xian117.jpg
青島ビールの9ってのを飲んでみました。
特に味は変わりません。
だって、もともと薄いし。
私好みですけど。


今夜は特に挑戦はせず、美味しいものを選んで食べましょう~♪

ってことで、一軒目。
xian118.jpg
砂鍋(シャーグオ)。
羊の肉がよく煮込んであって美味しかった★
面は製麵機で作られているっぽく、コシも味もないただの面でした。
香菜が大丈夫な方にはお勧めなスープです。

食べ治め。
xian119.jpg
烤羊肉串(カォヤンロウチュアン)。
シシカバブ。羊の串焼き。
この旅で、何本食べたかな~
ここのは、スパイシーで、よりビールに合います♪

さてさて。二軒目に行きましょう。

夜の道を歩くと、
xian120.jpg
麻雀をしている風景に出会いました。

お!!!!!


xian121.jpg
パイがカワイイ♪


xian124.jpg
門のライトアップも見慣れました。

なんだか色んないい匂い~。
と思って覗いたお店は
xian122.jpg
ロウジアモー。
西安風のハンバーガー。

これ、食べたかった(^ー^)v

xian123.jpg
ちっとボケてるけど…
焼き肉バーガーみたいで美味しかった♪



さて、二軒目。

xian126.jpg
xian127.jpg
xian128.jpg

もう、説明はいりませんね。
いつもの。
これらは、どの店でも、うまいものたち。

ここでは、
xian129.jpg
ピータンダォフゥ。
ピータン豆腐にもチャレンジ。

最近、ピータンが苦手な私。
やっぱり今回も苦手でした。
…昔は好物だったのになぁ…
味は、日本の中華屋で食べる味と同じです。

なんだカンダで今夜で西安が終わると思うと、なんだか悲しくなって
たくさんビールを飲みました。

次は、西安記最終回です♪



これ↓読めるかなぁ~(^▽^)?
xian125.jpg








[ 2008/10/05 18:31 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)







Feliciiiiiaのランキングは?

↓ブログ王
★ランキングはコチラから★

↓ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。