荏原町 鳥ふじ

www.prisco-family.com 南イタリア プリスコでアグリツーリズモ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

西安記~時空を超えた食紀行?~ 漆  

書院門から入り、500m歩いて左の小道に入ります。

xian095.jpg
こんな感じ。

道にはポツポツと食堂やお茶屋さんが。
xian096.jpg
焼きそばみたいな面~♪美味しそうでした。


xian0977.jpg
ツァイジアモー。野菜ハンバーガー屋さん。

だんだんお腹がすいてきた♪

西安へ来て3日目なのに、

美味しい面に一度も出会ってない!

まだまだ諦めませんよ!


xian098.jpg
刀削面って書いてある!

でも!もう、騙されません!
書いてあるから、とりあえず食べる!ってことは、もうしません。

ちゃんと、お店で面を打ってるかが、決め手。
手打ち面にコダワリたい!

「ちょっとキッチン覗かせて!」とジェスチャーで伝える。

すると…
xian099.jpg
やってる!やってるぅ!

トーシャオミェーン(^ー ^)v

この店では美味しい面が食べれそうだ。

xian100.jpg
真ッ赤!トマト味。
まるで、トマトパスタです。

味=◎◎◎◎◎!
面=◎◎◎◎◎! 


やっとキタ。
やっと本場にキタ。

この美味しい面に出会ってしまい、昼間っからのビールです。
xian101.jpg
これ、パインビール。
西安の居酒屋では、若い子は結構コレを飲んでました。
アルコール度数が低く、もちろん、私にはジュースですが。

一応、
xian102.jpg
これが、そのお店です。


裏道でのんびりした時間が流れてます。

お茶屋さんで、茶器を買いました。
xian103.jpg
この子、サッカー好きみたい。ずっと一人でボールを蹴って遊んでました。


先ほどの店でスイッチが入ってしまい、超飲みモード。


居酒屋らしきところへ入りました。
xian104.jpg
汚い…。中見えないし…。大丈夫かなぁ。。。

中は薄暗く、狭い。

しかし、とても感じの良い女将さんが。

リーベンレン(日本人)とわかると、とても丁寧に接客をしてくれました。
(チョットおもしろかっただけかも。)

3日目は、だんだんメニューが読めてきます。

xian105.jpg
お決まりのおつまみ。きゅうりとにんにくの辛味和え

xian106.jpg
レンコンとしし唐の炒め。レンコンがシャキシャキで美味しかった。

xian107.jpg
玉子チャーハン。パラパラはしてないです。

ビールをとにかく飲みました♪

酔っ払いのオヤジというものは、西安にもいるもので。
xian108.jpg
涼面。米の面だと思われる。

「ホラ、お前も食えよ~うめぇ~ぞ~」的な事を多分、言ってました。

おじさん、飲みすぎで真っ赤…。


スポンサーサイト
[ 2008/09/28 18:33 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

西安記~時空を超えた食紀行?~ 陸  

朝のイスラム街で朝食を終え、裏道に入り、
陝西省最大のイスラム寺院、清真大寺(せいしんだいじ/チンヂェンダースー)へ向かいます。


xian079.jpg
野菜売りのおっちゃん。ゆっくりとした時間を感じますね~(^ ^)

xian080.jpg
超デカい、ナンみたいなの。直径50cm以上はあるな。


西安の商店街にはよくこんな実が売ってます。
xian084.jpg
試しに買ってみました。

xian085.jpg
思ったよりジューシーな青りんごみたいな味。


さて着きました。清真大寺。
xian081.jpg

中へ入ると
xian082.jpg
大きなお堂が。1000人くらいの人が礼拝できるらしい。
もちろん、信者じゃないと入れません。

唐の時代に建てられた清真大寺。
メッカの方角へ礼拝できるように東に入口があるみたい。

唐の時代かぁ…そんな昔から居たんだね~

礼拝の時刻に来たかった。。。


ほとんど無宗教に近い私は、
お寺や神社、教会などに行くと、ちょっとスッキリした気持ちになります。


さて、さて。明日帰国。お土産もチェックしなきゃ。
ということで、南門向かって左手の古文化街へ。
xian086.jpg
書院門と書かれています。
その名の通り、ここは、筆がメインに売られてる様子。


xian087.jpg
もう、選べませんよっ

水で試し書きができるシステム。
40元(640円くらい)あれば、それなりのモノが買えます。


元気な子供がこの商店街には多かった。
筆屋の女の子。
xian088.jpg
彼女は一生懸命泣いてました(^ ^;)

筆以外にも
xian089.jpg
ハンコを作ってたり

xian090.jpg
切絵を売ってたり

xian093.jpg
絵が売られてたり

xian091.jpg
しかも、その場で描いてたり

xian092.jpg
書を描いてたり

xian094.jpg
笛にイラストを彫ってたり。

その笛を吹く人がいたり。


この地域はいわゆるアーティスト…職人肌の人が集まってるみたい♪
心弾みますね。血が騒ぎますね。


筆、小筆、ハンコ、笛、切絵、田舎絵をゲット♪

もちろん、値切り必須。
見た目も綺麗なの何でも安い!と思いがち。
しかし、とりあえず言い値は10元(160円)からスタートして頂きたい。










[ 2008/09/24 19:00 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

西安記~時空を超えた食紀行?~ 伍  

3日目の朝。

明日、日本へ戻りますが。。。。。

西安にちょっと慣れた頃。
今も昔も変わらない西安と、観光地になってからの西安を
だんだん見分けることができ始める。

ヤンパオモーを食べなければ本当に西安に来たとは言えない。
本に書いてありましたが…

ヤンパオモーって何?
知りませんよ。

でも、これ食べなきゃさ。とりあえず。


イスラム街の朝。
xian058.jpg
道、綺麗ですね。
清掃は行き届いていると思います。


さて、ヤンパオモー、食べてみましょう。
xian078.jpg
向って左手の赤いTシャツの人がいるお店へ。

中は
xian065.jpg
こんな感じ。



まず、入り口でオーダー。
お金を渡すと、茶碗にこれ。
xian059.jpg
を渡される。

周りを見渡すと、これを細かくちぎってる。
真似して
xian060.jpg
これは、荒いらしい。
みんな本当に細かくちぎってる。

ちぎった後は、カウンターへ。
スープや具を入れてくれる。
xian062.jpg
このお椀の数。
それぞれのちぎった個性満載の椀が並ぶ。

xian061.jpg
付け合わせは、にんにくの酢漬けとトウバンジャンみたいなタレ。

にんにくの酢漬けって、体には良さそう♪

らっきょうみないな感じだった。


羊のスープ
xian064.jpg
基本、これとさっきのちぎったパンみたいなものを合わせるっぽい。



まだかな~♪

混んでたこともあって、20分くらい待たされました。

おっ
xian063.jpg
来た!

スープと春雨と野菜が入ってます。
xian066.jpg
ちぎったパンみたいなそれは、
スープを吸ってまるでショートパスタみたい。

食べてる間にさらにスープを吸って、まさに、パスタの食感。

味=△

残念ながら、美味しいと言えるものではありません。

ただ、たくさんの人たちが食べてるので、これがココの人たちの
朝食なんだ~と感じることができました。


さて、お口なおし。
xian067.jpg
トマトと卵、岩のりのスープ。

味=○

美味しかった。



朝のイスラム街は活気があります。
xian076.jpg
直径1mくらいの蒸し器。

xian069.jpg
包子?
ではなく、いわゆるこの辺りのパンらしい。
中には何も入っていません。
ただ…めちゃデカイ。

実物は
xian071.jpg
だいたいこれくらいの大きさ。

それ以外にも、蒸したパンは
xian068.jpg
変な形。
唐辛子が入ってそうなものをチョイス。

xian070.jpg
シンプルでうまい。
オリーブオイルを付けて食べたい。
ワインに合いそう♪

基本、味も何もないく、食感は日本の肉まんの皮をもっとキメ細かくしたようなもの。
ふんわり、モチモチ。弾力性には驚かされる。
さらに、作りたてだから、めちゃくちゃうまい。

あとは…
xian072.jpg
平たくして、焼いてるタイプ。

これも、周りはサクサク、中モチモチでとても美味しい。
スープと一緒に食べることをお勧めしたい。


朝は、こんな風景をよく見かけた。
xian073.jpg
大鍋に野菜のスープ。ちょっとトロトロ。

xian074.jpg
なんだか懐かしい中華味。
あ、給食だ!給食で食べた中華味。

味=○

まずくはありません。


さて、この旅で忘れなれなかった美味なもの。
xian075.jpg
超薄いシナモンワッフルみたいな感じ。
作り方は、液状の記事をワッフル機みたいなものの上へ乗せてプレス。
超薄く焼きあがる。
熱いうちに、それをクルっとまるめる。

ほのかにゴマとシナモンの味がして、超ウマイ!!!!
この薄すぎない厚すぎない、薄さ。軽いサクサク感。

これ、クリームチーズとか、甘くないフルーツコンフォートとか
一緒に食べたら、もっとウマイと思う。

西安はザクロがたくさん売ってます。
畑もあるみたい。

そのザクロを甘く煮て、これと一緒に食べたら
絶対ウマいと思うんだけど!

(店、出す気???)

西安は、くるみも有名。
xian077.jpg
天心甘栗みたいにクルクル回ってます。

炒った胡桃、香ばしくてウマイ!けど、砂が入ってて、食べにくいっ

あと1日。できるだけたくさんのものを見て感じなくては!





[ 2008/09/22 23:00 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

西安記~時空を超えた食紀行?~ 肆 

西安2日目のこと。

本日、朝から観光名所、兵馬俑博物館へ♪

北門の西安駅を目指します。

とても大きな交差点。
xian034.jpg
歩道橋もデカイ!
朝の西安駅までの道のりは、思った以上に多くの人が歩いてます。車の交通量も多い!

さて、駅へ行く前に…朝ごはん♪

中国=朝粥。

しかし、ココは小麦地帯だからか、粥を食べている人は少ないっ

西安美味しい朝ごはん♪なんていう情報は全く無い。

とりあえず、人が多く集まる店に入りました(ノ`ゝェ*)ノ!

xian035.jpg
豆花(トウファ)…だと思います。
日本でも売ってたけど、これは甘くありません。

優しい絹豆腐が中華風スープに浮いてる感じ。
もちろん、香醋がたっぷり入ってます♪
(私はかなりのお酢好きなんです~♪)

味=◎!

続きまして
xian036.jpg
刀削面(トーシァオミェン)!
あっさりタイプ。トマトがたくさん入ってて、とても美味しゅうございます。

面=×!!!
味=◎!


朝はやっぱりこれです。
xian037.jpg
包子(パオズゥ~)!
皮はセブンイレブンの肉まんにそっくりでした。
具が少なく、皮だけでお腹いっぱいっ

皮=△
味=○




さて、朝ごはんも食べたところで、博物館行のバスを探します。

普通の交通機関のバスを利用するか旅行代理店のバスを利用するか。

旅行代理店のバスは、兵馬俑以外の観光にも連れてってくれるし、ガイドもいる。
朝の出発便が戻ってくるのは夕方4時頃。
1日観光ができます。

しかし、兵馬俑だけが見たかったため、やはり普通の市民バスを利用。
306番のバス…どこから乗るのかわからない!
紙に「306路(306番)」と書いてお店の人へ尋ねるけど…
駅を指すだけで、詳しくわからない(-ω-、)ヾ(゚ω゚;)

英語、しゃべってよ~~~(T0T)

とりあえず駅を目指すことに。

その途中でたくさん観光勧誘されます。

ちょっと心が揺れる!o(>д<。 o)。o

心を鬼にして(?)駅へ向かいます。

xian038.jpg
とても立派な駅。デカイ!


xian039.jpg
向って右手にたくさんのバスが止まってるぅ!
306路って書いてあるぅ!
制服を着たチケット売りみたいな人もいるぅし~!

こ~れ~だ~(≧ω≦。)


走って飛び乗ってびっくり。
空港から乗ってきたバスと同じくらい、キレイ。しかも涼しい。


お値段は?(ドゥ~シャオチェン?)
xian040.jpg
7元(112円くらい)!
6元って書いてあるので、きっと1元は手数料だと思われる。

超快適なバスでゴ~。


306路の終点が兵馬俑博物館です。
西安の駅から、約45分。

入口には大きな始皇帝の像があり、とてもわかり易い。

さて、入口付近にはもちろん観光案内してあげるわよ♪なお姉さんがワンサカいます。

多分、ボラレル。大ボリされる。。。と思い
これ。
xian041.jpg
日本語オーディオガイド。


お姉さんに頼んでも良し。オーディオガイドでも良し。
どちらでも良いけど、せっかく来たので、しっかりと学びたいところ。


さて。さて。さて。
xian042.jpg
じゃーん!教科書っぽい?

兵馬俑は、この辺りに住む農民に見つけられたんだってさ。
井戸か何かを掘ってるときに、出てきたらしい。

ということは、結構深いところに埋められていたってこと。

なんで地下?

始皇帝は不老不死を信じてたらしい。
それはどうやら「不老不死の薬をのんだら長生きできる」ってことではなく
死んだら地下世界で生き続ける…って信じていたらしい。
そこで地底に死後の世界を生きている間にコッソリ作らせたんだってさ。

兵馬俑はまだ発掘途中だし、色んな説があるみたい。
私はこの説を今は信じてるけど。。。

アップ
xian043.jpg
けっこうデカイ。私の身長は超えてると思う。

横から
xian044.jpg
光を浴びてる兵馬俑を見ていると
秦の時代に勝手にトリップ。時空を超え始めました。

兵馬俑の顔は、一つ一つが違ってる。

xian045.jpg
兵馬俑はみんな土の色をしているけど
発見当初は綺麗に色を塗られていた、色鮮やかな兵馬俑だったらしい。
それが風化しちゃって今のような色になってるんだってさ。



兵馬俑が見れる3つの建物の他にパノラマ映画館と発掘された貴重なもの(矢、土器など)が展示されている文物展示館があります。

パノラマ映画館は、360度のスクリーンに、兵馬俑の歴史ビデオが流されています。
英語です。


文物展示館へ行ってみたところ。
xian046.jpg
江源さんの個展が。

江源さんとは、福岡在住の兵馬俑画家。
私は、この人のHPを5年前に作ったことがあるので、知っていました。
どうやらたまたまこちらで個展を開いてたっぽい。
結構、スゴイ人物だったんだ…(´∀`;)


2時間ほどして帰路へ。
行きと同じバスで帰りました。


帰りは西安駅まで行かず、途中で下車。
なんだか問屋市場のようなところへ。
xian047.jpg
袋やテープ…商売道具が売られているところでした。
あとは、パチものの衣料品やバック。



朝から遠出して、ランチはまだ。
もちろん、腹へり。

西安城壁外でランチを。

まずまず。
xian048.jpg
意味不明なスープ面。お店の人に薦められて注文。
面=××
スープ=辛い!



xian049.jpg
油揚げと野菜の炒めもの的な前菜。
味=◎!
ビールに合います。


xian050.jpg
お店に来ていたお客さんが食べてた面。
鍋うどん的?
肉=○
味=○
面=×


ことごとく、面がマズイ。。。
あの…ここは面の国ではないんですか?
面が命の国じゃないんですか?

安心で美味しいものを食べましょ♪
xian051.jpg
麻婆豆腐(マーポードウゥフゥ)

辛さ=◎!山椒が効きすぎ。超辛い!
味=◎!!!文句、ありません(^ー^)ウマイ


xian052.jpg
京醬肉竺(ジンジャオロースゥ)
細切り豚肉の甘味噌炒め。
昨夜の悪夢を思い出しますが、
ここのお店のものは、美味しかったです。

味=○!
日本の米が食べたくなりました(^ ^;)

そして…これは絶品!この旅行で出会った数少ないうまいもの一つ。
xian053.jpg
西紅柿鳥蚕鉄巴飯(読み方不明)

西紅柿=トマト
鳥蚕=卵
鉄=鉄鍋
飯=ご飯

この店は鉄巴飯(鉄鍋焼きご飯?)の専門店だったみたい。
色んな種類がありました。

う~ん。例えると石焼ビビンバかな。
トマトが入ってて、ちょっとヨーロッパ風。

激ウマ。

味=◎◎◎!

ごちそうさまでした!

さて、おやつ。
xian054.jpg
日本の中華街とかにも売ってるかな?
ねじねじ。
サクサクして美味しかった♪
たしか12本くらいで5角(8円くらい)だった気がする。


さて!中国に来たら、美容院!
広州への旅行の時に初海外美容院。それからハマって、中国に来たらマッサージと同様、美容院も必ず行きます!

なぜって?

まず、安い。日本の10~20%くらいの値段。

そして、ヘッドスパ的にマッサージもしてくれる。
1時間もヘッドマッサージしてくれるところもありました。

上海では髪も切ってみたり。


店内に日本の有名人のポスターがガンガン貼ってありました。
xian055.jpg
これは…日本人じゃないかな…

xian056.jpg
これは大塚愛だよな。

後日もう一軒行ったのですが、そこは浜崎あゆみの大きなポスターが。

でも、それを参考にしたらしきヘアスタイルの人が一人も見受けられないのは…気のせい?



西安の城壁内はタクシーがつかまらない!
そんなときは、
xian057.jpg
バイクタクシー。バンコクで乗ったトゥクトゥクみたいな感じ。

もちろん、英語は話せないし、ボラレル確率は高い!ので要注意するべし。








[ 2008/09/21 16:51 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

旅行博♪ 

西安記の途中ですが、本日ビックサイトで行われてる旅行博へ行っていきました.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。

((本当は、アビスパ福岡のアウェイ戦を見るために草津へ行く予定だったんですけど。・゚・(ノД`) ))


久し振りのビックサイト!中に入るのは卒ショー以来かな~っ
tabihaku01.jpg


チケット売り場。
tabihaku02.jpg
出発ゲートって…勝手に旅行気分になっちゃう♪
当日大人1200円。



旅行博は、世界中の国や都市の政府観光局がブースを作って
その国や街を紹介してくれる博覧会。
一度に世界中の国を知れるチャンス?

中には、自慢のお国料理やお菓子、飲み物などを振る舞ったり。

さらに、旅行会社・航空会社も参加してて、新しいシートに座れたり。
(シンガポール航空のA380のファーストシートは行列でした。。。。。)


5時間で会場を出ましたが、それでもすべてのブースは見れませんでした(T-T)


さてさて。
いくつか印象に残ったブースをご紹介~

最初に立ち寄ったのは
tabihaku03.jpg
南アフリカのブース!
2010ワールドカップは南ア。行きたいなぁ~

tabihaku04.jpg
ワールドカップの会場とスタジアムのマップ。



ガボン共和国のブース
tabihaku06.jpg
ゴリラの絵がカッコイ♪


メキシコのブースにて
tabihaku7.jpg
マスク。
メキシコのプロレス=ルチャリブレっって言うらしい。マスクマンが多いらしい。



各ブースでこれでもかってくらい
たくさんの観光パンフレットを貰えます。

色々なパンフレットがありました。オシャレだったり、面白かったり。

ガーナのパンフ
tabihaku05.jpg
まんま?


かっこいい!と思ったロゴは
tabihaku00.jpg
ブラジル。

かっこいい!と思ったブース(什器?)は
tabihaku11.jpg
スイス。

シックだった!ブースは
tabihaku17.jpg
アブダビ。



フィンエアのブースに
tabihaku10.jpg
ムーミン♪



ゆるキャラ発見!
tabihaku09.jpg
ニューカレドニアのカグーくん。


勝手に…旅行博ゆるキャラ大賞は
tabihaku12.jpg
ガリバー?
アイルランドのブースで発見。誰か名前、教えてくださいっ



会場の回りには、ホテルグルメのブースがあり、だいたい、1000円前後。
フォアグラなんちゃら…とか、有名ホテルのなんちゃら…とか。

各ブースで振舞われてるものはコーヒーや干しブドウやナッツなどが多かった。

その中でペルーのブースは、オードブル数種類とカルーアみたいなお酒が振る舞われました。
tabihaku16.jpg
無料…です。

500円くらいでお国自慢の料理を売っているブースもありました。

ハンガリーのブースでは
tabihaku14.jpg
パプリカのスープとバケット。500円也。ワインは300円でした。
パプリカの味が凄く濃い! byムカつくグルマン旦那


美味しかったものは、やっぱり
tabihaku08.jpg
ケバブ。ケバブってなんでこんなに美味しいんだろう♪
どこの国で食べてもおいしい!

最後に
tabihaku18.jpg
ブルーマンがH.I.Sのブースに来てた。
生で見てみたい人達だったので、ちょっとラッキー♪


やっぱり南米・中東・アフリカに興味深々。
行きたい国ばかり。
死ぬまでにあと何ヵ国行けるかなぁ~
色んなところへ行きたいなぁ~

帰りながらそんな事ばかりを考えてしまい…★

9/21までらしい。おススメです。旅行博。

tabihaku13.jpg


















[ 2008/09/20 19:03 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

西安記~時空を超えた食紀行?~ 参 

食は中国にあり?

さて、さて。

やって来ました、西安イスラム街。
xian018.jpg


腹ごしらえ~♪


xian011.jpg
この店に入ってみる。


中は広く、薄暗く。


レジで先に注文して、レシートを貰います。
それをホールの子へ伝え、席で待ちます。


ビール!と行きたいところですが、

ビール、無いってさ。

本来なら、店を変えるほどの重大な事ですが、

今は本気で腹減りなため、我慢。。。

で。

xian012.jpg
梅ジューーーーーース。後で知ったけど、西安の特産らしい。


当たり障りのない
xian013.jpg
キュウリのニンニク和え。
日本でも、中国でも、これは、絶対ハズレなしのつまみ。
(ビール無くて残念T0T)


おっ!
xian017.jpg
来た!


来ました!
xian014.jpg
小籠包 !ただ、ここはイスラム地域。中身は羊肉です。


xian016.jpg
真赤な赤いタレに付けてイタダキマス!


そして、やっぱり。。。コレ。
xian015.jpg
羊の串焼き。
これ食べないとイスラムって感じがしませんね!


美味しかった+.゚(*´∀`)b゚+.


さて。ホテルへ。

xian019.jpg
Mercure On Renmin Square Xian Hotel

お勧めです。
フランスのホテル会社が経営してるそうで綺麗でオサレ。
Renmin Square(レイミンスクエア)というエリアには
ホテルが3棟ゆったりと建っています。
このエリアには門番がいて、変な人は誰も入れません。

しかし、さすが西安。
年間1000万人の観光客が来る街。
ホテルはたくさんあり、値段の割に質はどれもレベル高!

城壁の外にも素敵なホテルがたくさん建っていました。



さて、初日の観光スポットは…
xian020.jpg
鐘楼(しょうろう・ヂョンロウ:大通り交差点に建つランドマーク的な建物)
空港からのバスが止まったところですね。


そして
xian021.jpg
小雁塔(しょうがんとう・シャオイエンター)へ。城壁の外にあります。


奥にそびえる塔が、それです。
xian022.jpg


これを建てたのは、中国唯一の女帝、武則天(則天武后)。
大雁塔(だいがんとう・ダーイエンター)という建物もあります。
どちらも経典を訳したり保存したりする場所(?)として建てられた様です。

この小雁塔は広い公園になっています。
歩くと胡弓を弾いている学生がいたり、

xian023.jpg
太極拳なオヤジがいたり。


ゆっくりした時間が流れていました。



あっという間に日が暮れて。
xian024.jpg
日暮れは、東京より遅いです。福岡くらいかな。



城壁に囲まれている西安。
xian025.jpg
夜の南門は、ライトアップされております。



さて、夕飯は…
この南門に向かって右手の通りにある居酒屋。
若者が集うような3階建ての狭く汚いところです。

xian026.jpg
やっと、ビールにありつけますが、このコップ。。。

飲めるなら、良いです。


西安の人は、瓶にそのまま口を付けてラッパ飲みが主流の様です。
コップ使ってない。。。

良い…良いんです。飲めるなら。

そうそう、
中国旅行で覚えた単語「ピージウ(ビール)」がココ、西安では通じない。
(もともと、ビールが通じないのも、ビックリだけど。)

どうやら西安のビール、ハンスビールの名前を言った方が通じる。


「ハンスーゥ!」


この旅で、何度叫んだか。



さて、失敗を恐れず、注文しまっせ!

xian027.jpg
ジンジャオロウスーゥ
豚肉の甘味噌炒め…というか、豚肉細切り揚げに甘味噌からめてみましたって感じ。

2口で、終了。
ヘビーです。


xian028.jpg
リアンバンツゥードウスーゥ
ジャガイモ細切りの冷菜。これは、どこでもウマイもの。
ただ、ここは超辛い。デカイ唐辛子がガンガン入ってます。



xian029.jpg
これは…なんとなく頼んでみた。
まめまめ炒め。
これも、ヘビー。


極めつけは…
xian030.jpg
サンラータン
酸っぱいスープ。これも間違いなくウマイはずなのに、
ここのは、あんかけ食べてるみたいでうまくない。

ハズレってことで、ここではビール、ガンガン飲んでました。

50元(800円)也。


気を取り直して、マッサージへ。
xian031.jpg
ココは他のマッサージ店より値段が少々お高めだが、英語が通じるし、きれいです。


噂どおり、西安のマッサージは男性には女性按摩師が、女性には男性按摩師が付きます。

この日、私は超ラッキーだったんでしょうか?
ウエンツ似のカッコいいマッサージ師に付いていただきました。
この日ばかりは、男性の気持ちがわかった気がします。


夕飯の事は忘れ、気分は上々です♪


1時間80元(1280円)の全身マッサージを終え、ホテルへ~
と、タクシーに乗ろうとした時。。。


鐘楼付近に屋台を発見!
xian032.jpg

匂いに誘われ一杯。
xian033.jpg
ワンタンスープ。


…本日、これが一番美味しかったです。









[ 2008/09/17 22:22 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)

西安記~時空を超えた食紀行?~ 弐 

成田~西安のJAL直行便。4時間半くらいで到着。
噂では、2008年10月から運休らしい。

確かに…飛行機の中は超空き空き

しかも、このご時世にビデオプログラム、無し。

おかげ様で、どっぷりと西安の本を読んでおりました。

空港に到着。あ~あ。ホントに着いちゃったよ。。。

今まで行った北京・上海・広州・青島(香港・台湾も含まれるかな…)
と違って重々しい警備体制。
北京オリンピックの影響もあるのかな。

さて。
空港から都心まで、どうやって行くべか…

http://www.h3.dion.ne.jp/~m.madoka/xian2006/xian.htm
によると、バスが安いらしい。

ってことで、
xian003.jpg
空港を出ると、チケット売り場のようなものが。

xian004.jpg
結構、立派なバス。乗り心地、良さそうだ。

さっそく、
xian007.jpg
チケットゲット。25元(400円くらい)。

xian005.jpg
バス会社の名前みたい。

xian006.jpg
中は、冷房ガンガン。

走り出すと
xian010.jpg
トウモロコシ畑だらけ。ちょっと異常。
バイオか?バイオ燃料なのか?

バスは、鐘楼(しょうろう・ヂョンロウ:大通り交差点に建つランドマーク的な建物)行き。

バスを降りると、たくさんの観光客。
それを狙った市内観光してあげるわよ♪なお姉様方が声を掛けてきます。

無視しても、乗っかっても良いけど、とりあえず、無視。

腹減り。

これ
xian008.jpg
を目指してあるいて、裏手へ歩きます。

すると、
xian009.jpg
西安イスラム街へ続く商店街へ。

シルクロードの起点である西安は、もちろんイスラム教徒の人もたくさんいます。

大昔、大陸を渡って(シルクロードを通って?)この地へ来たのだな…
と思うと、胸が高ぶってしまいます。

ここでは、中国でも珍しい麵がたくさん食べれるとのこと。
また、ウイグル系の人などトマトを好む人が多いらしい。

胸の高ぶりも大事だが、腹が減っては…ね♪

時空を超えた食紀行、スタ~ト!




[ 2008/09/17 09:14 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

西安記~時空を超えた食旅行?~ 壱 

「西安へ行こう」

…西安って何ですか?

?????な街です。

何かありそう?…勢い出しとく?やっぱり?

行っってしまえぇ~って具合で決定。



しかしながら、情報が全くなく…あの地球の歩き方さえ、浅い情報。

う~ん。

やっぱり、止めようか…

5回くらいそんな気持ち。

でもでもでも!だし。
絶対に行きたいという気持ちへ変えよう!と決意。


まず、本

残念ながら、先ほどもお話したとおり、西安の情報は少ない。
さらに、興味もないので、ネットで検索しようがない。
てっとり早いのは、やっぱり本屋へGO~でしょ?

で、お約束。
xian001.jpg
指差し会話帳。DSソフトもあるけど、本で。

中国は英語が通じないので、これは、重宝します♪
特に日本人が行かないような所へ行く場合は必須ですね。
西安盤があったのは、ビックりしたけどっ

で、
xian002.jpg
これ。中国の麵を中心に食を網羅してます。
すごいです。
これが後々不必要な冒険へ導くことになってしまうのですが…


しかしながら、やっぱり興味は湧かない

とりあえず、立ち読みで得た情報は、

西安の観光=秦の始皇帝の墓=兵馬俑



兵馬俑?



昔、兵馬俑画家の江源さんという人のHPを作ったことがありまして。それぐらい。私の知識。

あと…ハムナプトラ3



とりあえず、超フィクションだけど観ときました。

あと、中井貴一が遣唐使で…という軽いあらすじだけ読んで
ヘブン・アンド・アースっていうのも観ときました。
こちらも超フィクションです。




その後。


中国史のおさらいをしてみる。


とりあえず、黄河文明から。


唐の時代までをズズイっと。


その中で、秦の始皇帝が死んでから、漢の時代までに

なぜか、ロマンを感じ、感動(T0T)四面楚歌~虞美人草~

項羽と劉邦にハマる。今、司馬遼太郎読んでますっ


そこから、だんだんと西安に興味が湧いてきまして。


しかもシルクロードのきてん

シルクロードに触れれる♪

ノッてきた~♪

ってことで

やっとネット活用。

そこで出会ったこのホムペ

http://www.h3.dion.ne.jp/~m.madoka/xian2006/xian.htm

超詳しい♪

さらに

http://mapabc.com/

地図は、これでバッチり!
レストランやホテルまで表示されています。


そして西安の歴史人物をググると
・司馬遷(史記著者)
・玄奘三蔵(三蔵法師)
・武則天(中国史上唯一の女帝)
・李白&杜甫(詩人)
・楊貴妃
なんとなく知ってる人がどんどんリンクされて
さらにシルクロードとのつながりなんかもリンクされて

超行きてぇ~って具合。

読むもん読んで、観るもん観て、買うもん買って
http://www.h3.dion.ne.jp/~m.madoka/xian2006/xian.htm
http://mapabc.com/をプリントアウトして

西安へ、レッツラゴ~
[ 2008/09/16 23:54 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

30歳の夏休み 

約1ヵ月に渡るオーバーサーテー(30歳オーバー)の夏休み。

別に30歳だからって訳じゃないけど、

よくよく考えたら、結婚して…30歳になって…守ってる私がいて…

結構、誰に何と言われようと

楽しい人生だった私が

哀れな目で見られてる気がして。

だから、この夏は、そんなのブチ壊すような、

しかも、20代では味わえなかったような

楽しい夏休みを作ることにしました。無理矢理ね。

そんな夏休みが、昨日で終わり。

沢山の場所で、沢山の人、食、モノと出会いました。

こんなに一日一日が大切で、感動するものなのか…と

久々にベクトルは上にしか向かず。

しかし、体は、その逆で。もう若くないの…と考えたり。

自分の体と心と上手に付き合うってことを初めて感じました。



年をとって、何かとワズラワシイことばかり。

たまに面倒でNoをYesと言ってしまうこともあります。

自分が気にしていないことを、人にとやかく言われることもしばしば。

いつから、こんなにコミュニケーションを取れなくなったんだろう…と

ひねくれそうになった事もありました。

しかしながら、やっぱりまっすぐな目で素直に物事と向かい合って行くことが

私らしいのだと思いました。それが、一番自然だし。


これからも前を向き、まっすぐな目で人と出会うことができたら…

あと、世の中のために、何かできたら…

と思ってます(^▽^)

とりあえず、こんな自由を許してくれた旦那とバイトで世話になってる方々へ

感謝♪
[ 2008/09/16 22:38 ] ただの日記 | TB(0) | CM(0)

中国史 

あと2ヶ月ほどで、31歳です。

今さら?
books0903.jpg
中国史を中心に。


なぜなら?


このブログがアップされるころには、西安に居ます♪


時空を旅してきま~す(゚∀゚ )

[ 2008/09/04 15:00 ] 読書・映画・芝居 | TB(0) | CM(4)

噂の名店へ 

巨大メンチカツで有名なわくい亭へ行ってきました。
wakui01.jpg
横15センチ×縦10センチの巨大メンチ。

写真はございません。
ヒシメク店内でカメラを取り出す勇気の無かった私をお許しください・゚・(*ノω゚)ゝ

どうやら人気のメンチは19時を回る頃には無くなるらしく
店内で「メンチ予約」をしなくてはならないみたいです。

巨大なだけでなく、味もオイシかったですよ♪
メンチだけでなく、穴子の煮付けや、ごぼうのさつまあげも♪♪♪

浅草周辺へ行く際は、また行ってみようと思います^ー^
wakui02.jpg
[ 2008/09/04 10:00 ] グルメっ | TB(0) | CM(0)

秋田の土産2 

大曲の旅行で、桃をゲット.+:。☆(-∀・*)☆゚.+:。

白いのと
hiraki01.jpg

黄色いの
hiraki02.jpg

美味しかった(≧ω≦。)


平良木果樹園と書かれた名刺サイズの紙を頂きました。
HPは無いようです。。。

お若い男子2人が「道の駅協和」で売っておりました。。。( 。-ω-)

[ 2008/09/03 23:00 ] グルメっ | TB(0) | CM(0)

菊レシピ…というか… 

先日、大曲へ行った時にゲットした、大量の食用菊

味噌汁~素麺~お浸し
などなど、一応活用はしてみたものの、一向に無くなる気配なし。

そこで
kikubuta.jpg
おろしに混ぜて菊おろし
豚ちゃんを頂ました。

菊の香り、楽しめます(*・ω・)v
[ 2008/09/03 16:51 ] グルメっ | TB(0) | CM(0)







Feliciiiiiaのランキングは?

↓ブログ王
★ランキングはコチラから★

↓ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。